遊び技

恐怖の逆エッジ?!スノボ初心者を救います!

time 2017/03/31

恐怖の逆エッジ?!スノボ初心者を救います!

今年の東京は、沖縄を除いた全国で
最速の桜の開花宣言が発表されました。

2017年3月21日の事でしたが、平年より
5日ほど早かったようです。
九州、四国地方より早いとは驚きです。

もう、ウインターシーズンも終わりだな
という感じですが、場所を選べは、
まだまだ滑られます。

詳しい情報は、後日、記事にできたらと
思いますが、春スキーの時期は、
雪が柔らかく、新しい技を覚えたり
するにも適した時期です。

初心者ボーダーの方にとっても、
来シーズンに向けて、いいイメージで
締めくくるにはいいのでは
ないでしょうか。

今シーズンからスノーボードを
はじめた方は、1シーズンで
ソコソコ滑る事が出来るように
なっている方もいると思います。

そんな方は、シーズンの締めとして
ちょっと腕試しで、上級者コースに
挑戦してみようと思った方も
いると思います。

僕も最初は、そうだったんですが、
はじめて、上級者コースの上から
下を見た時、ビビりませんでしたか?

「えっ!こんなの無理」

みたいな。(笑)

そんな時は、みんな
初心者の方が最初に覚える、
サイドスリップという方法で
滑ると思います。

板を真横にしたまま、
山側のエッジの調整でゆっくり
滑る方法ですね。

これを覚えていれば、どこでも
滑って降りてこれますが、
気を付けなければいけないのが
今回のテーマ

「恐怖の逆エッジ!!」
です。(汗)

谷側のエッジが引っかかって
突然、転んでしまう、転び方ですねぇ。

プロの方でも、トリックの着地で
逆エッジを食らって転んでしまいます。

初心者の方には、普通に滑っている時に
逆エッジを防ぐ方法がありますので、
解説していきます。

sponsored link

逆エッジを防ぐポイント

それでは、最初に動画を作りましたので、
ご覧ください。

おなか側に滑るとき

  • かかとのエッジを使うために、
    つま先を上げ下げを行いますが、
    かかとの関節を使ってつま先を
    上げるのではなく、お尻を背中側に
    突き出すことで、自然とつま先が上がる。
  • 上記の方法で、エッジの調整をすると、
    バランスが取りやすくなる。
  • スノーボードで、
    バランスをとる為には、
    地球(地面であって、雪面ではない)に
    対して垂直の状態をイメージすること。
  • 膝を曲げ、姿勢を低くすることで、
    万が一転んだ時の衝撃を最小限にする。

背中側に滑るとき

  • つま先のエッジを使うために、
    かかとの上げ下げを行いますが、
    つま先に力を入れないで、
    ひざを突き出すことで自然にかかとが上がる。
  • 後ろ向きで滑るので、
    進行方向が見えにくいですが、
    無理に上半身をひねると、
    その力が板に伝わってしまい、
    板の向きが変わってしまうので、
    首だけを動かして、
    進行方向をみるようにする。
  • バランスのとり方、
    姿勢を低く保つのは、
    おなか側に滑る時と同じ。

重要なことは・・・

サイドスリップに限らずですが、
板の上にしっかりと乗っている
イメージが大事です。

板の上にしっかりと乗ることで、
バランスを取りながら、エッジの
調整をどうやったらいいか?

これを突き詰めていくと
スノーボードの上達が早いと
思います。

それでは、素敵なスノーボードライフを・・・

sponsored link

down

コメントする




ブログ村ランキング参加中!!

応援お願いします!


にほんブログ村

アーカイブ



sponsored link

プライバシーポリシー