遊び技

痛くないスノボ! 超初心者の為のプロテクター編

time 2017/03/20

痛くないスノボ! 超初心者の為のプロテクター編

先日、来年のスペインで行われた、
モーグルの世界選手権で、日本人の
堀島選手が2冠を達成しました!

いやー、めでたいですねぇ!
男子では、日本人初だそうです。

僕は、スキーはやってないですが、
モーグル競技の2回飛ぶエアーを
見るのが好きです。

スノーボードより、
迫力がある気がします。
カッコイイす。

しかも、スキーは2本の板を使うので
スノーボードと違って、ジャンプを
するのが、難しいのではないかと思います。

着地したときに、2本の板が交差
してしまうと途端に転倒してしまうと
思います。

これは、僕の考えですが、
飛んだり跳ねたりするなら
スノーボードのほうが簡単です。

ところが、スキーと違って
1本の板に両足をつけるので、
滑りだすまでが大変なんでよねぇ。

初心者の方が苦労するのが
ここの部分で、どうしても
転びやすい状態ですので
何度も尻もちをついたり、
手をついている間に
痛くて、スノーボードが
嫌いになってしまう人もいます。

スノーボードの楽しさを知っている
僕としては、最初の段階で
スノーボードをあきらめて
しまう人が非常にもったいないと
思ってしまいます。

という事で、少しでも痛くならない
方法を伝えていきたいと思います。

 

sponsored link

スノーボード用プロテクター紹介

それでは、スノーボードを始める前に
用意してほしいプロテクターを
優先順位の高い順に説明します。

 

ヒップガード(けつパッド)


マイヒップガード

何はともあれ、ヒップガードは
必ず用意してください。

板を買うより優先してほしいですねぇ。
初心者の方は、どうしても
尻もちつくことが多くなるので
すぐにお尻が痛くなります。

あと、雪の上に座ることが多いので
寒さ対策にもなります。

※ 注意!!
最近のスノーボードウエアは細身の
パンツが流行っています。
プロの方は、ヒップガードを
使っていないのかもしれないですが、
細身のパンツだと履けなくなる可能性が
あるので、ワンサイズからツーサイズ
大きめのパンツを買っておくほうが
いいです。

 

へルメット

小学生ぐらいの方でしたら、
必ず用意したほうがいいと思います。

ヘルメットはなくても、
ニット帽は用意してください。

膝パット

僕は、バレーボール用のものを
使っていました。安いです。

おなか側に転ぶと、膝をつくことが
多いので、気になる方はよういして
ください。

肘パッド

ここからは、普通に滑ってる分には
あまり必要ないと思いますが、
ジャンプ台とかレールとか挑戦
したい方は、用意したほうがいいと
思います。

背中ガード

脊髄を守るのには必要です。
ボーダークロス等に挑戦した方は
用意したほうがいいと思います。

腰ベルト

腰痛防止になります。
僕は、必ず使ってました。

それでも、ぎっくり腰になったことが
ありますが・・・(笑)。
着地の時、腰に意外と負担がかかります。

リスト(手首)ガード

手首は、ねん挫しやす箇所です。
ただ、割と壊れやすいので、費用的
負担が高いです。
お財布と相談ですねぇ。

全身一体型

番外編的なものですが、
鎧みたいな感じです。

メーカーのホームページを
張っておきます。
興味のある方は、覗いてみて
ください。

鎧YOROI  HP
http://www.yoroi-blp.com/index.html

 

次回

今回は、以上です。
次回は、転び方について説明したいと
思います。

それでは、楽しいスノーボードライフを・・・。

sponsored link

down

コメントする




ブログ村ランキング参加中!!

応援お願いします!


にほんブログ村

アーカイブ



sponsored link

プライバシーポリシー