遊び技

紅白が美しい~! 山崎製パン 雪苺娘(ゆきいちご)

time 2017/01/25

紅白が美しい~!	 山崎製パン 雪苺娘(ゆきいちご)

sponsored link

和洋折衷スイーツ

実は、先日紹介しました、イチゴのクレープと一緒に買ってしまいました。

まさに食欲の冬?!

仕事のストレス、たまりまくってますねぇ~。

たまったら放出するのが大事です。

「あまりため込むと体によくないですよー!」

と、自分に都合のいいささやきが・・・。

ということで、今回のスイーツは

こちら


中身が見えるように切ってみました~(^^♪。

 

外見は、大福ですが、中身が違います。

あんこの代わりに、生クリームが詰まっています。

なので、和洋折衷です。

ちなみに、和洋折衷とは

和風と洋風が混ざり合っている状態を指します。

あっ!皆さん知ってましたよねぇ。

僕は、自信がなかったので、ググってしまいました。

何気に情報発信することで勉強になってます!(^^)!。

それでは、実食です。

 

実食・感想

おすすめポイント

  • 写真ではわかりにくいですが、
    結構ボリュームがあります。手平サイズでしょうか
  • 僕は、一つで十分です。
  • イチゴの甘酸っぱさが、心地よい。

残念ポイント

    • おもちの部分が意外と薄いので
      ちょっと物足りないです。

なので、もちの歯ごたえがあまり
感じられなかったですねぇ。

  • 全体的にちょっと甘すぎるかも・・・
    人によりけりだと思いますが
    甘党の人なら、いいかもしれないです。

 

 

豆知識

イチゴというのは、本来春の食べ物だと思うのですが、

今は、一年中食べられますよねぇ。

クリスマスケーキなんかのイチゴなんかはどうしているのかと

思っていたのですが、以前、たまたま見た「がっちりマンデー」

というテレビ番組でその謎が解けました。

その番組によると、何年前の話なのかは忘れてしまいましたが

昔は輸入で対応していたみたいですね。

ネットで検索したところ、アメリカ産が多いいようです。

ところが、それだと輸送中のいたみがあったりで

あまよろしくなかったようです。

そこで、夏から冬にかけて作れるように品種改良したイチゴを

開発した会社があったようで、その会社がほぼ独占で

スイーツ用のイチゴを仲卸しているようです。

お決まりのセリフ

がっちり!」

と言っていましたよ。

ちなみに、その仲卸業者の名前は忘れましたが、

味は二の次で、

「見た目が一番大事」

と言っていたのが印象的でした(^^;。

 

今は、当たり前になっているけど

実は・・・みたいな裏話があるのですねぇ。

勉強させてもらいました。

 

sponsored link

down

コメントする




ブログ村ランキング参加中!!

応援お願いします!


にほんブログ村

アーカイブ



sponsored link

プライバシーポリシー